今後の予定 1259







米国が北朝鮮に南進をさせ、その後の戦後管理を日米で行い、その上でムンジェインをタイに亡命させるというシナリオまで表のメディアに意図的に出されてきた。 これは2年ほど前にあった、米軍が攻撃したあとに金正恩委員長をロシアの手引きで彼らの秘密の島に亡命させるというのと同じようなものだ。

大体は与太話の類になる。 しかし米軍がこれから韓国からの大幅な兵員削減という事を現実に行う流れになっていくのなら、この韓国滅亡のシナリオはないこともない。 問題はあの朝鮮半島を中国ロシアの橋頭保にするくらいなら、こちらで取るという事の、西側諸国、特に日米における利害の計算がどこまで出きているか、によるだろう。

国際社会は本当に何が起きるか分からないのである。

ーーー

ジョンボルトンが解任された。 それは5月くらいから薄々言われていたことではあるが、こうして現実のものになっていくと、ますます我々は、日本は自分で自分を何とかするという方向に全員一致で取り組まないと、日本なるものの全てが奪われていくステージに移動してしまうな、とわたしは身を固くしている。

米国は少なくとも北朝鮮が核保有をすることを容認する。 ボルトンがいない米国はそういう方向に進路を変える。 そして長距離ミサイルさえもたないのなら、それは構わないと決める。 つまり米国が攻撃されなければ、アジア人同士は勝手に殺し合っているがいいという、正直なエゴの発現国家になっていくということだ。

だから日本はこれからどうしても、自前の核武装、核開発が認められないのなら、どうしても米国の完成品核兵器を買って、これを米国の許可のもとにつかうという、ニュークリアウェポン、シェアリングシステムの中に入るかどうかということの全体論議を進めるしかない。 わたしの記憶違いでは、英国の核武装はこのシステムによって為されている。

となりの超敵国として南北朝鮮というものが現れ、彼らが核兵器をもつというのが本当のリアルになる以上、それらの選択肢をもつ必然はどうしてもある。 この後に及んで韓国や北朝鮮の肩を持つ人間は、今この瞬間に生きている、特に子どもたちの未来に何の責任も持とうとしないとてつもない卑怯者で邪悪者ということになる。 彼ら南北は、特に独裁国家の韓国はこれを使うのだ。 韓国の独裁ぶりは北朝鮮を超えるものになりつつある。 それらが今回のWTOの判決で出た。 韓国国民は未だ真実を知らされていない。 そして彼ら国民は知ろうともしていない。

支配したがるのが好きで、されたがるのが好きな人々はこれから地上から消えるのである。

ーーー

今回のWTOの韓国の国内向け報道は、真実を国民に知らせない彼らの姿が思い切り出ているものになった。 その国家を多数派を形成する人間集団に思い切り騙しと嘘をしかける支配層は滅びの道を歩む。 それは我々が大日本帝国の崩壊の歴史から学んだことだ。

今回のWTOの決定は、是正勧告において韓国がこれを無視し、従わない場合、日本が正々堂々とはるかに厳しい制裁の動きを行っても、国際社会はこれを認めるという意味を持つ。 しかし仮にその流れに入ったとしても、韓国はその日本の制裁の動きを不当だとして再びそれをWTOに提訴する。 それまでWTOが機能していたら、だが。 WTOは今の流れのままであれば12月にその組織として命運を終える。 米国が上級審判事を出さないと決めたのでそうなる。 中国はだから彼らのいうWTO改革で、自分たちの側のキャラをこれら上級審判事に入れ込む動きの改革とやらを目指しているが、おそらくそれに賛同する第三国はいない。

中国と中国にとってだけ都合いい途上国に利益を投げる構造になっているからだ。 そうなると先進国はWTOをこぞって脱退して、今、おそらく米国が計画している新たな貿易機構の中に移動していく。 国際連盟が、国際連合の誕生によって有名無実の自然消滅していったように、WTOは消える。

そういうものを散々利用だけしていた中韓がどうなっていくのかは説明するまでもない。 ブロック経済を強固にしようとして、そして何処かでつまづく。 今でもその傾向が強いが加速する。 しかし中国も馬鹿ではないので工作の限りをつくすということだ。

わたしは韓国は日本侵攻に対する戦争準備を開始したとみる。 それがジーソミアの破棄の動きだ。 これによって、今この瞬間、韓国軍の中で不穏な動きがあっても、それが日米には一切伝わらないという状況になった。 在韓米軍がいなくなったら即座に韓国は日本侵攻を行う。 それが北朝鮮と合体したものか、北朝鮮が南進したときにドサクサまぎれのものかはわからない。 しかしやる。

だから今の時点で日米は韓国に軍事情報を渡していない。 それが明らかになったのが9月10日の北朝鮮のミサイル発射であり、韓国はこれらの発射時間も着弾点もわからなかった。 北朝鮮のミサイル情報は日韓、または日米韓の流れで渡されていた。 これが止まった。 ジーソミアが切れる11月22日だったかまでそうなる。 北朝鮮は日米と韓国との間の軍事情報のラインが切れていることを確認するために今回ミサイル発射を行った可能性が高い。

そういうことの一切合切、つまり韓国軍は機能していない、韓国政府は明らかに北朝鮮の手先だということの一切合切を隠蔽するために、WTOに勝っただとか、WTOに提訴しただとかやっている。 それに乗る韓国国民も同様のレベルだ。

この世界でこれから起きること。 それは支配したいと思うもの、支配されたいと思うもの、騙したいと思うもの、騙されたいと思うもの、こうした心の動きにあるものはまとめて消去されるというそれだ。 これらの精神波形を持っている器たちは、そもそも最初から 地球との約束 を守るつもりが最初からなかったという存在だとみなされて廃棄される。 今そういうことが始まっている。 それを伝えているつもりなのだが、わたしにはちからが全くないので届かない。

だから、貴方はあなた自身の運命を自ら調べてみてほしいとおもうのだ。 わたしはそれらの手がかりは山ほど残している。

この記事へのコメント